コンタクトレンズの種類とメリット・デメリット

近眼や乱視が入っている場合には度合によって、向いているコンタクトレンズの種類も変わってきます。
○ソフトコンタクトレンズ現在大多数のコンタクトレンズ愛用者が利用しているのがこのタイプではないでしょうか?含水性(低含水、高含水)ソフトコンタクトレンズシリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズ以上の二種類がメインになり、現在ではほとんど使い捨てタイプのレンズで利用されています。

ソフトコンタクトレンズのメリットは、なんといってもやわらかい材質で角膜全体を覆うような大きさのため、初めてコンタクトレンズを利用する場合でもかなり自然な装用感が得られるということ。
終日装用タイプ等では酸素透過性もかなり確保されているため、装用したまま寝てしまうという人も結構いるのではないでしょうか?ただし、いくら酸素透過性に優れているといっても異物にはなるので、就寝前には取り外し、指定のケアを行うことが望まれます。
近視・乱視に対応していますが、いずれも軽度の場合におすすめ。
重度の近視・乱視の場合は視力を確保しずらいのがソフトコンタクトレンズの特徴です。
○ハードコンタクトレンズ昔からしたしまれている、角膜よりも小さなサイズで基本的なケアをしていれば長期間利用することができるレンズです。
酸素透過性という視点で考える場合には、このハードコンタクトレンズはまばたきをする度に、コンタクトレンズ自体が上下に移動し、角膜を覆わないタイミングができるためとても酸素透過性に優れています。
また、近視・乱視が強度の場合でも比較的簡単に視力を確保することが可能なため、例えばメガネでは出し切れない視力を、ハードコンタクトレンズで出すことが可能。
近視・乱視が重度の方には手放せない存在なんですね。

一番のデメリットは、紛失。
ハードコンタクトレンズは無くしさえしなければ、数年利用することも可能なのですが、衝撃等でポロッと取れてしまいやすい。
目が乾燥しているときなんか、あくびをしているときにポロッととれてしまうこともたびたびあります。
また、ハードコンタクトレンズを初めて利用するさいには、数時間は目の中に異物が存在するゴロゴロとした感覚がひどくて、涙が止まらない程。
慣れるまでに時間が必要です。
以上、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの特徴を簡単に書いてみました。
軽度の近視・乱視の場合なら紛失やレンズのケアをさほど気にする必要が無い使い捨てのソフトコンタクトレンズを、重度の近視・乱視の場合には、メインのハードコンタクトレンズの他に、例えばレジャー用の使い捨てソフトコンタクトレンズをバックアップで用意して利用する、というのがベターかもしれませんね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*