コンタクトレンズの良さ

私は、小学生の時に視力が悪くなり小学校、中学校とメガネをかけていました。
私が子供の頃は、おしゃれなメガネがなく、実用的なメガネばかりだったので、メガネをかける事に抵抗がありました。
特に小学生の時は、友達でメガネをかけている子はいなかったので、自分一人だけメガネをかける事が嫌でした。
高校生になった時に、周りの友達の中に何人かコンタクトレンズをしている人がいました。
それまで、友達でコンタクトレンズをしている人はいなかったので、私もコンタクトレンズに変えようと思った事がありませんでした。
高校生になって初めて身近にコンタクトレンズをしている人ができ、自分もコンタクトレンズに変えたいと思うようになりました。
初めてコンタクトレンズを購入したのは、高校1年生の時です。
最初は少し怖く感じましたが、眼科でコンタクトレンズを入れてもらった時、痛みもなく違和感もほとんどありませんでした。
それまでは、授業中だけメガネをかけ、その他は裸眼でいたので、風景もぼんやりとしか見えていませんでした。
コンタクトレンズをして回りを見ると、全てがはっきりと見えて、とても嬉しかったです。
買い物をしても商品がはっきりと見えるし、バスや電車の時刻表などもよく見えました。
今までぼんやりとしか見えなかった物がはっきりと見えるようになり、全てが明るく感じるようになりました。
初めて買ったコンタクトレンズは、ケアをしながら1、2年使うタイプでしたが、その内1日使い捨てタイプのコンタクトレンズが出てきて、1日使い捨てタイプに変えました。
毎日行っていたケアをしなくてよくなり、本当に楽になりました。
それまでは、どんなに眠くても疲れていてもコンタクトレンズのケアをしてからでないと寝る事はできませんでしたが、1日使い捨てタイプにしてからは、コンタクトレンズをはずしたらすぐに寝る事ができます。
1日使い捨てタイプのコンタクトレンズの良さは、手入れの楽さだけではありません。
毎日新しいコンタクトレンズを使用するので、衛生面でとても安心です。
それまでは、いくらケアをしているといっても長期間同じコンタクトレンズを使うので、衛生的に心配な所がありましたが、毎日新しいコンタクトレンズを使うようになり、目の健康の為にもよかったと思います。
コンタクトレンズを落としたり破いてしまったりした時も、同じコンタクトレンズが沢山あるので安心できます。
高校生の時にコンタクトレンズにしたというタイミングもよかったと思うし、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズという便利な物ができたのもとてもよかったと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です